固定電話を始めるには

固定電話を始めるには

固定電話の重要性などを述べてきましたが、その固定電話はどのような手続きを踏むのでしょうか。

通常固定電話を設置するには、NTTが保有している全国固定電話の通信網(インフラ)の財産の権利を購入する必要があります。その権利とは電話加入権(施設設置負担金)といい、固定電話を開設するのに必要となります。
その電話加入権を購入することで固定電話網を使って通話を行える権利を取得できるようなシステムになっています。

この電話加入権の価格ですが、以前は72,000円もしていましたが、平成17年3月より半額の36,000円に引き下げられました。

ただ、現実的には、市場で中古加入権のようなカタチで加入権が売買され、現在では数千円で取引されているのが実態です。
ですので、この電話加入権はあってないような二束三文的な価値となっているようです。

また、NTTが買い戻しをしないため、電話加入権そのものの資産価値がないということから、KDDIやソフトバンクなど「設置工事負担金」の名目で加入権不要の契約も増えています。

ですので、新たに固定電話を開設する場合は、NTTへ申し込んで、電話加入権も同時に申し込むなら36,000円が必要となります。
中古加入権だと数百円から数千円で取引されているようですので、中古といっても権利なので、全く問題なく、電話加入権を取得されるなら、こちらをおすすめします。

電話加入権が不要な前述のおとくラインのような直收電話もあり、加入者も増えています。

さらに、ひかり電話といって、インターネット回線のフレッツ光などを利用されている方はこちらを利用されている方も多くなっています。
このひかり電話は従来の電話回線を使用しないので、電話加入権が全く不要です。

このように、NTTへ従来のように加入権を含め、全て申し込む方法と、おとくラインのような加入権不要の申込み方法、光回線を利用したひかり電話への申込み方法と、3つの方法が現在では主流となっています。

    Copyright(C) 私的発想・固定電話は今も必要? All Rights Reserved.