ビジネス電話の需要は

ビジネス電話の需要は

固定電話の需要と重要性があるのはやはりビジネス用の電話でしょう。
この電話はビジネスフォンと呼ばれ、家庭用の一般電話とは違った高機能の電話になります。

今では、会社やお店などで事務所やお店をオープンさせたり、移転させたりする場合など、電話に関するそれら全てのサービスを提供している専門の会社があります。
それらの会社は、以上のような目的で新たにビジネスフォンを導入される場合、その回線の申込みから電話機の購入まで一手に引き受けています。

ビジネスフォンは、家庭のように、1回線だけでは色んな問題が発生します。
ですので複数の回線を導入して、お客さまなど、相手からの電話に対応していく必要があります。

ビジネスフォンは、会社は店舗など、業務用の電話システムになります。
複数の回線(電話番号)を持ち、その代表電話番号にかかってきた電話を全ての電話機で受けることができたりします。
例えば、A番号にかかってきた場合、その番号が通話中でも、自動的に、BやCの番号に切り替えてくれるのです。
これは主装置といって、電話に関する様々な機能を各電話機で行えるようにできる装置になります。
交換機のような役割から内線通話、転送電話などの複雑な機能を持っています。

かかってきた外線からの電話を保留して、他の階や離れた場所への転送や内線通話も電話機の操作でかんたんに行うことができます。

ビジネスフォンはそのお店や会社の人員規模やコールセンターなど、業態の種類などにより、電話回線数が違ってきます。また、電話機も場所の数や人員数で変わってきます。
固定電話回線数は1回線から数百回線まで接続ができ、電話機は最小が2台以上となり、最大数百台まで設置が可能となっています。

    Copyright(C) 私的発想・固定電話は今も必要? All Rights Reserved.