固定電話のもう一つの必要性

固定電話のもう一つの必要性


あまり使う機会が少ない家庭の固定電話。
ちょっと経費がかかる割にはもったいない気もしますよね。
それでは電話以外にはメリットがないのでしょうか。

○FAX機能
通常の電話以外に、FAX通信機能を持っているのです。
これにより、FAXの送受信ができ、パソコンでメールを送れない相手には、その文書や画像が印刷されたものをFAXとしておくることができます。
また、受けることもできますよね。

よくあるのが、「すみません、うちはパソコンがないので、FAXで送ってもらってよろしいですか?」という声です。
パソコンなどの機械操作において苦手な方などは、FAXによる紙データでのやりとりに依存しているのが実態ですよね。そういった方も結構いらっしゃるので、やはり家庭でのFAXはまだまだ必要のようですね。

そして、お店などを運営されている方などは、1つの回線で、電話とFAXの番号が別々に持てるサービスもあるので、別にもう1回線契約をしなくても利用できる便利な使い方もできます。

○インターネット回線の機能
それからインターネットをやる上での回線として電話回線を利用しています。
最近では光回線によるインターネットの利用が増えていますが、低料金や、メール主体の方などは、電話回線によるインターネットでそれなりに満足されて利用されているようです。

別に光回線でなければ、インターネットを楽しむ上で問題があるという方以外は、まだまだその需要が多いのも実態のようです。

このように電話ではなく通信という手段のFAX機能とインターネット回線という役割も固定電話は担っています。
 

    Copyright(C) 私的発想・固定電話は今も必要? All Rights Reserved.