ビジネス電話は

ビジネス電話は

このように会社やお店などのビジネス用の電話はその存在価値は大きいものがあります。

まず、固定電話だと、必ず相手先の誰かが電話に出るということです。
事務員が一人で、他の営業マンは外出していない、なのに電話回線が3回線もあれば、一人しかいないので通話中であればとれなくなりますが、それは根本的な問題であってその会社の信用におけることです。

そのような例は別として、固定電話は誰かと通話でき、連絡を取りたい相手が不在でも伝言して要件と伝えることができるメリットがあります。

携帯電話へかけると、直接本人に繋がりますが、マナーモードや圏外にいるときなどは、留守番電話で応答され「メッセージをどうぞ」というアナウンスで電話を切ってしまったりしませんか?。
私の場合はほとんどそうです...(笑)
また、暫く時間をおいてかけ直すか、相手から電話がかかってくれば問題ないのですが、お互い人間ですから、今やっていることに集中するあまり、つい忘れてしまうことだってよくあることなのです。

第3者を通すことで、受けた方のミスが確実に減少するのは見えています。
「申し訳ございません、あいにく○○は外出しております。折り返し連絡させましょうか?」
急用でない場合は、「外出中なら、明日にでも電話するよう伝えてもらえますか?」
と相手が言ってきた場合などは、当事者の机の上にメモを貼ったり、メールなどでメッセージとして伝えたりできるので、連絡のミスはまず起こらないと思います。

そして固定電話の場合、ビジネス電話などの複数回線へ繋がる相手には、携帯電話のように特定の相手が通話中など、出られない状態であっても固定電話なら、最初の番号が塞がっていても、次の回線番号に繋がり、通話ができるので、後からかけ直すといった煩わしさもなく、用件を直ぐに伝えられるメリットがあります。

ビジネス電話は、その連絡を密にするということで、会社の売上に直結するような信頼や信用が左右されてきます。
このようなことから、会社やお店などの固定電話は、売上をキープしていく上においても重要なものとなっています。

    Copyright(C) 私的発想・固定電話は今も必要? All Rights Reserved.